防犯効果の高い書体

書体イメージ

銀行印とは金銭関係において、とても重要な役割を担っているわけです。
この世の中の金融システムが貨幣ですから、お金がないと生活が出来ないわけです。
その金銭面に関わるのが銀行印なのですから、偽造されないように、悪用されないように、防犯対策をしっかりとしておいた方がいいでしょう。

印鑑においての防犯対策は、もっぱら書体を難しくすることです。
難しい書体にすれば、簡単には偽造されることはなくなります。
そして難しい書体はその由来が中国漢字なので、日本で使っている漢字とはイメージが違うので、読みづらく判別しにくいという利点があるのです。

まず銀行印にオススメなのが、篆書体というものです。
こちらは最も古い書体で、もともと中国では大篆、小篆と文字があったのを、始皇帝の時代に文字の統一を行い、小篆が篆書体になったのだそうです。
この書体は、その判別しにくく、盗用されにくいということから、とても人気が高いそうですよ。

そしてもう一つが、印相体という書体です。
文字の中心から八方へ末広がりに流れる書体で、その文字の特徴と、偽造されにくいということから吉相印と呼ばれています。
開運印鑑にも使用される書体です。

この二つが防犯上は効果の高い書体となっています。
ただし、さすがに中国由来の漢字なので、持ち主ですら名前が読めない場合があります。
さすがに自分の名前は読めるものがいいという場合は、古印相という、日本で出来た印鑑用の書体がいいかと思います。

ページの先頭へ