印鑑で出来る防犯対策

印鑑イメージ

印鑑にも種類がありますが、その中でも銀行印にピックアップしています。
では、銀行印とはなんなんでしょうか。

銀行印とは読んで字のごとく、銀行で使う印鑑です。
詳しく言うと、銀行で口座開設をするときに登録した印鑑です。
この印鑑を使い、口座からお金の出し入れをしたりするわけです。

印鑑の種類を知らずに、何でもかんでも認め印にしている人も少なくないようですが、それは本当におすすめできません。
もし、認め印と銀行印が同じだったらなおさらです。
銀行印は、金銭関係での重要な役割を持っています。
そして実は印鑑というものは、紙に押した跡である印影でいとも簡単に真似して、同じ印鑑を作れてしまうのです。
認め印であれば、既製品の三文判なんかであることが多いので、書体も分かりやすいものがポピュラーですので、簡単に偽造されて、悪用されてしまうのです。
銀行印も同じだった場合、もし銀行口座がばれてしまっていたら、簡単に口座からお金を出されてしまうのです。

このようなことにならないように、印鑑は役割ごとくらいには別々に持っておいた方がいいと思います。
そして、簡単に悪用されないように偽造されないために、防犯対策をしっかりとしておく必要があると思うのです。
といっても、そんな大がかりなものではありません。
銀行印として印鑑を作るのでしたら、書体にこだわって作ってください。
それが印鑑で出来る防犯対策になります。

ページの先頭へ