印鑑の原理

印鑑イメージ

印鑑って普段はどんな時に使いますか?
あまり出番は多くないですが、荷物の受け取りや何かの会員登録、回覧板に、という用途が普段使いでは多いのではないでしょうか。

実は印鑑には種類があるのですが、ご存知でしょうか。
上記のように何気ない時に使っているのは認め印という種類になります。
印鑑の中でも一番なんとなく使用されていて、公的なおおげさなものもあまり関わっていません。
ですが、例えば会員登録する際に使用したら、それは実印と同じくらいの効力があります。
良く使われるのが三文判という大量生産の既製品ですが、この三文判という名前にはちゃんと由来があります。
昔、安いことを二束三文と言ったのですが、そこから安い印鑑ということで、三文判という名前になったそうです。

さて、先ほど話に出ました実印ですが、これが一番公的な効力が大きい印鑑です。
というのも、印鑑の中で唯一、役所に登録しなければいけないからです。
お役所に印鑑を登録し、印鑑登録証明書というものを交付してもらうのです。
これは実印の使用目的が、とても重要な事柄について使われるという役割からなのです。
例えば不動産の売買、遺産相続など人生でも大きな分岐点での使用が多いです。
この実印は本当に細かな規定があり、俗に言うちゃんとしたものじゃないと登録できません。

そして銀行印というものがあり、個人での印鑑の種類は三種類になります。
では、銀行印については細かく見ていきましょう。

ページの先頭へ